コーヒー摂取量と肝臓がん罹患リスクの関係

コーヒーをほとんど飲まない人と比べ、ほぼ毎日飲む人では肝臓がんの発生リスクが約半分に減少した。1日の摂取量が増えるほどがん発生リスクが低下した。また、リスクの低下は男女に関係なく見られた。(国立がん研究センターの多目的コホート調査による結果、2005年)